Israel +972 4 6308447         USA +1 619 831 0029             JAPAN +81 (0)50 5893 6263

Dynetics

Leidos傘下の1企業

「SOLIDWORKS MCADで約$ 150,000.節約
2800%をはるかに超える費用対効果」

OpenLMは、顧客に迅速な導入効果をもたらすことに誇りを持っていますが、そのような効果は実質的に保証されています。 顧客の既存の柔軟性のない非効率的なライセンス設定と当社が行うことを組み合わせることで、成功が保証されます。 ただし、これは実際にDyneticsの場合にも当てはまることでしたが、Dyneticsが得た15万ドルのライセンスの節約は、はるかに大きな成功のほんの一部にすぎませんでした。実際の成功の全体像は(彼らが言うように)「多岐にわたり」ました。

「当社がライセンスの追跡を始める前に当社のユーザーの多くが抱えていたユーザーがライセンスを取得できないと報告したり、スタンドアロンのライセンスを正当化しようとしたりすることに係るだけでなく、実際のソフトウェアの使用状況を可視化させ確認し、デナイアル(拒否)を追跡できることにより多岐にわたる大きな費用対効果の実現が可能です。」

「当社がOpenLMの顧客になってから、ネットワークライセンスとしてにSOLIDWORKS MCADを最大20ライセンス追加しました。」

Brian McElyea氏

プリンシパル メカニカル エンジニア

Dyneticsについて

1974年にアラバマで設立されたDyneticsの目標は、世界クラスの防衛産業の専門会社になることでした。 Dyneticsは、最新のエンジニアリングツールを早期に採用して開発を行っただけでなく、ソフトウェア開発とシミュレーションに多額の投資を行い、仮想品質管理(VQM)の有効性の開拓に貢献しました。 今日では、ソフトウェア、ハードウェア、その他の防衛および宇宙産業向けソリューションなど、費用対効果の高い高度に専門化された技術サービスを提供しています。

彼らの強固な労働倫理に加えて、卓越性、倫理、楽しさ、豊かさの4つの要素を心から受け入れることで、受賞歴のあるチームが生まれました。 確かに、名誉あるJames S. Cogswell Outstanding Industrial Security Achievement Award *を何度か受賞しており、それらはDyneticsの誇り高い遺産、業績、チームワークを物語っています。

今では、当社はDyneticsのCAD / PDM管理者であり、プリンシパル メカニカル エンジニアであるBrian McElyea氏とほぼ4年間チャットしています。 SolidWorksの認定ユーザーおよび管理者として10年以上の経験を持つBrian氏は、貿易エンジニアであり、Dyneticsの宇宙システム部門で働いています。 彼のエンジニアリング/ソフトウェアの資格情報、知識、および理解の組み合わせは申し分のないものであり、氏はDyneticsのライセンス問題を直接、かつ継続的に経験してきました。

「当社の宇宙システム部門は、さまざまなプログラムを管理しています。 それぞれのソフトウェアは、システム内に簡単に統合できるテクニカルソフトウェアを必要としています。」

「…主にOpenLMを使用して、ANSYS、Dassaultの3DEXPERIENCE V6およびSOLIDWORKSの製品、IBMのDOORS suiteスイートなどのコンピューター支援設計、およびエンジニアリング(CAD / CAE)ソフトウェアを監視しています。」

変更の必要性

ライセンスの追跡と管理は複雑で、時間がかかり、問題があふれていますが、Dyneticsのライセンス要件が満たされていることが重要です。 残念ながら、「当社が所有するものは機能していなかったので、これを変更する必要がありました。」

「ライセンスを正確なユーザーのレポートに依存する必要があり、これは大きな問題でした。 ライセンスを取得できない、あるいはスタンドアロンシートを正当化する必要があった、これが当社のユーザーの大多数が以前に遭遇していたことです…」

これらはすべて、ライセンスを不必要に拘束し、組織が不当で不可避のライセンスコストを負担することにつながります。 独自の広範なソフトウェアを開発しましたが、必要に応じて、特に宇宙システムズ部門内で、他の商用ソフトウェアベンダーにも依存していました。

「当社はOpenLMのサポートが常に役に立ち、迅速な応答であることを理解しています。」

Brian McElyea氏

プリンシパル メカニカル エンジニア

「当社は個々のプロバイダーが提供するさまざまなライセンス管理ソリューションを検討しましたが、コストは法外なもでした。」
「続いて、独自のソリューションの開発を検討しました。 独自のソフトウェアを開発した経験を考えると、さまざまなライセンスサーバーからログファイルを読み取る単純なソリューションは、実行可能なオプションのように思われました。」

どのようにOpenLMを見出しましたか?

「はい。 独自のソリューションに関するソフトウェアベンダーへの予備的な問い合わせで、SOLIDWORKSのバリュー-アデッドリセラー (VAR)であるTriMechSolutions社からOpenLMを提案されました。」

 

なぜOpenLMを選びましたか?

「Trimechの推奨です。 さらに調査した結果、次の理由から、当社の他のソフトウェアプログラムスイートを管理するためにOpenLMを選択することにしました。:
● 使いやすさ
● 費用対効果
● 複数の CAD/CAE ソリューションに対する広範なサポート」

 

OpenLMをどのように使用し、御社にとって最良の部分は何ですか?

「当社は、ライセンスの使用状況のヒートマップレポートを、日常の管理において最も頻繁に参照するレポートとして使用しています。 このレポートにより、必要に応じてライセンスを追加するための現状の把握と理解しやすい正当化が非常に簡単になります。 さらに、拒否(デナイアル)レポートはプログラム全体で一貫して使用されています。」

「SOLIDWORKS MCADのソフトウェアのコストだけで最大15万ドル節約できたと見積もっています。」

OpenLMを利用して問題が発生しましたか?

「問題はめったにありません。ただし、OpenLMのサポートを呼び出す必要がある場合は、サポートが役立つと同時に応答性が高いことを常に理解しています。」

この導入事例の著者のメモ:簡潔さと読みやすさのために元のインタビューのメモを編集しましたが、意味は変わりません。 このケーススタディは、OpenLMとBrian氏との会話を100%反映しています。これを理解していただくことが重要です。 ただし、正確性と開示性を維持し、結果を歪曲しないようにするために、この結論部分は編集せず、元の形式のままにしました。 そうすることで、読者ご自身が信頼性を判断し、Dyneticsの結果に関して独自の結論を導き出すことができると考えます。

Dyneticsの成功について詳しく教えてください

「費用対効果の計算をどこから始めればよいのか本当にわかりません。 OpenLMへの初期投資は5,100.ドルでしたが、その後、ベンダーデーモン、追加モジュール、およびユーザーを追加しました。 OpenLMの顧客になってから、SOLIDWORKS MCADのネットワークライセンスに最大20を追加しましたが、これがもともと追跡を望んだ製品です。 ライセンスの使用と拒否(デナイアル)を追跡していなかった場合、少なくとも30の追加分があると推定されます。 したがって、これらの数値を参考にすると、SOLIDWORKS MCADソフトウェアのコストだけで最大150,000.ドル節約できたと推定されます。 これらの数値を使用して計算を行うだけでもROIは2800%をはるかに超えています…いかがでしょうか? また、これは、現在追跡している他のSOLIDWORKS、および他のベンダーソフトウェアパッケージのすべてを含めているわけではありません。 これは非常に控えめな数字だと思います。」

2800%を超える費用対効果は驚異的

インタビューを終える前に、Brian氏はDynetics がOpenLMに満足しており、他のCAD管理者にすでに当製品を推薦していることを知らせてくれました。 OpenLMチームはそれを聞いてたいへん満足しています。

*James S. Cogswell Outstanding Industrial Security Achievement Awardは、産業界と政府の間の真のパートナーシップの重要性を認識し、機密情報、資料、およびプログラムの保護を保証します。 アメリカ国防安全保障協力局(DCSA)から授与され、認可された業界組織の上位1%のみが適格であり、この賞に勝る栄誉はありません。

弊社製品が役に立つとお考えですか? 詳細についてはフォローしてください。

ダウンロード

PDF

OpenLMの完全無制限のバージョンをダウンロードして30日間お試しください。 この間、ご自由に完全サポートをお楽しみいただけます。