Israel +972 4 6308447         USA +1 619 831 0029             JAPAN +81 (0)50 5893 6263

L&T Power

合理化されたライセンス費用、管理済みの使用後のソフトウェア料金、そして組織内のすべての利害関係者向けた
 優れたレポートアクセスを提供

L&T Powerは、石炭およびガスベースの電力プロジェクトにターンキーソリューションを提供し、インドとインド国外の両方でプロジェクトを実施した優れた実績があります。 L&T Powerは、EPCプロジェクト、ハイテク製造およびサービスに従事するインドの多国籍企業であるLarsen&Toubro Limitedのビジネスブランドであり、世界50か国以上で事業を展開しています。

大きな組織でソフトウェアライセンスを管理しようとすると、複雑であり、しかも困難で、時間がかかります。

“当組織にとっての利点は、実際の使用パターンをより厳密に制御できるため、コストと調達の決定を制御できることです。これは利点です。”

L&T Power IT担当者

管理が難しく、マルチベンダー環境では面倒

今回お話を聞かせていただいたのはグジャラート州バドダラを拠点とするL&T PowerのIT担当者です。 L&Tに20年以上携わってきたこの人物は、L&T Powerのレガシーシステムの性質を直接経験しており、ライセンスの使用状況を監視し、Tekla、STAAD、その他のベンダーなどの管理対象ソフトウェアの統合レポートを生成するのは難しいと語っています。 骨の折れる作業であり、常に手動による介入が必要だったと彼は伝えました。

“…自動化、および一元化されたソフトウェアライセンスの制御または管理がないため、面倒でコストがかかりました。”

L&T Power IT担当者

組織の規模とポートフォリオの範囲
より大きなチャレンジ

L&T Powerの規模と、その膨大なポートフォリオ内のプロジェクトの数と範囲、および関連するソフトウェアの多様性と量が組み合わさって、より大きくなった4つの特定の問題の解決に貢献しました。:
さまざまなプロジェクトチーム用の複数のライセンスサーバーにより、使用状況データの冗長システムを発生させます;
急速に変化するベンダーライセンスモデル;
使用後の支払いが必要となる未承諾のライセンスの過剰使用;
• それらのエンジニアリングソフトウェア資産管理に関して、信頼できる唯一の情報源の欠落

隔離されたロケーション

少なくとも12〜15の進行中のアクティブなサイトに加えて、多くの場所に従業員が分散しているため、効率的で一元化されたソフトウェアライセンスの使用法の欠如が感じられました。 「自動化された信頼できる唯一の情報源がない場合、使用状況レポートと調達決定に関する限り、L&T Powerは手動で統合されたレポートに依存する必要があり、意思決定プロセスが面倒になりました。」

複数の冗長化システム

L&T Powerには、監視するライセンスもそれらを使用するための従業員もいませんでしたが、この自動化された中央制御の欠如は、ライセンスの使用または割り当ての見落としにつながりました。 いずれにせよ、これは努力の重複とリソースのアイドリングをもたらしました。 ミッションクリティカルなプロジェクトへのソフトウェアライセンスのタイムリーな割り当ては引き続き優先リストの最上位にありますが、既存の資産の最適な利用とその管理は、もう1つの重要な重点分野です。

進行中のプロジェクトの要求

進化するプロジェクトと変化する要求は目新しいものではありません。 ただし、ライセンスの使用状況の可視性の欠如も、需要と供給のギャップを生み出しました。 ライセンスの使用は、プロジェクト全体で常に最適であるとは限りませんでした。

使用後に発生する支払い

ただし、一部のソフトウェアベンダーにとって、問題は正反対でした。 十分なライセンスがあるにもかかわらず、ソフトウェアは依然として(契約数量を超えて)過剰に使用されており、使用後の支払いが発生していました。 管理費の制御が不可能であるだけでなく、ライセンス費用が予算化されておらず、このプロセス全体が計画された活動に含まれていなかったためです。 最終候補のソフトウェアライセンスソリューションはこれに対処することが必要でした。 残念ながら、「私たちが調べたほとんどのシステムには、該当する数々のベンダーによるこの「信頼できるライセンシング」を制御するためのプロアクティブな機能がありませんでした。」 

より効率的なシステムが必要

これらのソフトウェアライセンス管理の課題に取り組むために、L&T Powerは、いくつかの固有のツールと主に手動による介入の助けを借りて、何年にもわたって努力を続けました。 ただし、彼らは自分たちが何を望んでいるか、そしてこれらの問題に取り組むために“より効率的なシステムが必要である“ことを正確に熟知していました。

「担当者から連絡があったとき、必要な機能がすでにOpenLMに組み込まれていることに気付きました。 これは私を大いに助け、私の決定を容易にしました。 すべてを1つのツールにまとめる必要があり、それが大きな利点でした。 これが私が望んだシステムです。」IT 担当者

「私たちの組織にとっての利点は、経費の漏れがないことです…それは利点です。」

L&T Power IT担当者

OpenLMには必要なすべての機能がありました

「ライセンス管理のさまざまなソリューションを当社が調べたところ、OpenLMには、この「信頼できるライセンシングポリシー」の管理など、必要なすべての機能が備わっていることがわかりました。 すべてをまとめたかったので、さまざまなシステムすべてを監視する1つのライセンス管理システムを求めていました。」

明確な可視性、レポートへの直接アクセス、およびより優れたコスト管理

OpenLMは、ロケーションを問わず、すべての組織のライセンス関連情報の単一のリソースであるため、ライセンスの問題のいくつかは容易に解決されました

「これで、さまざまなプロジェクトチームやサイトすべてでライセンスの使用状況を明確に把握できるようになりました。 当社のプロジェクトマネージャーは自社のレポートに直接アクセスすることもできます。これはすばらしいことです。」

OpenLMは使用後の問題をどのように解決しましたか?

「OpenLMには、ライセンスマネージャーとAgentを介したエンドポイントの両方からデータを取得するオプションがあります。 一部のソフトウェアは使用状況を記録しますが、ユーザーによる過剰使用を制限しません。 しかし、当社は過剰使用を制限する管理オプションと、ユーザー側でアイドル状態のライセンスの場合はライセンスを終了するオプションの両方を提供するシステムが必要でした。これはまさにOpenLMによって提供されたものです。」

OpenLMは担当者の私に大きな快適さを与えてくれます…

「OpenLMは、ライセンスに関する限り、すべての複雑さがカバーされており、私は製品に非常に満足しているので、大きな快適さを感じています。 OpenLMは、経費の合理化と、過剰使用されたすべての種類のソフトウェアの管理に役立っています。 これらは、L&T Powerにとっての2つの重要なメリットです。」

OpenLMの開始

ITのスペシャリストが製品に関してどれほど慣れ親しんでいるかについて語るのをどのくらいの頻度で聞いたことがありますか? あまり頻繁ではないと思います。 さらに、組織が明確な可視性、直属の部下へのアクセス、経費の漏れがないこと(および大幅かつ迅速な節約の可能性)からも利益を得ることができるとお考えの場合は、遠慮なくご相談ください。 どこから始めればよいかわからない場合は、いつでもお気軽にご連絡ください。 (連絡先の電話番号はここ)

弊社製品が役に立つとお考えですか? 詳細についてはフォローしてください。

ダウンロード

PDF

OpenLMの完全無制限のバージョンをダウンロードして30日間お試しください。 この間、ご自由に完全サポートをお楽しみいただけます。