Israel +972 4 6308447         USA +1 619 831 0029             JAPAN +81 (0)50 5893 6263

研究企業

「20以上のベンダーソフトがあり、30以上のライセンスサーバーがあり、約150人のユーザーがいました」

研究企業はGPUライセンスの管理にOpenLMを使用します

「約4年間OpenLMの使用に成功した後、NvidiaライセンスのOpenLMへの統合は完璧でした」

予想分析や機械学習に人工知能を広く利用する組織はどこも、パワフルなCPUの能力さえ超える高パフォーマンスの演算を要求します。この事は今、グラフィックス・プロセッシング・ユニット(GPU)がCPUに優先されて使用されているトレンドとなりました。

グラフィックスカードの平行処理能力は、有限要素解析(FEA)や暗号通貨マイニングなど多様なアプリケーションにも使用されています。Nvidia社はGPU設計のリーダーであり、使用はライセンス契約を通して管理されています。
OpenLMでは、弊社製品を主にエンジニアソフトウェアや科学ソフトウェア用のライセンス管理アプリケーションとしていますが、弊社パートナーSecoptena社の顧客の1人が2017年にNvidiaライセンスを管理できるかアプローチしてきたため、この新しい可能性にチャレンジする機会を得ました。AutoCADやAnsysの様なソフトウェアを管理する能力は、アプリケーションに内在する認知機能に基づいております。この機能は、通常弊社の視野には入らないカスタムソフトウェアや他製品をも管理監視することを可能にしていますが、ファームウェアの監視をこれまで試したことはありませんでした。顧客との結論で、弊社は開発専門家たちにソリューションを導くようにチャレンジを与え、そして彼らは成功しました。多くの弊社顧客がVDI(仮想デスクトップ環境)と同様にGPUを利用しており、この新しい開発した機能に興味がある事を知っています。弊社顧客の要望に基づき、将来的には更に機能を強化する予定です。 

弊社顧客について

彼らは、ドイツのリーディング研究開発組織で、生産から通信に渡る分野で、新しく最適化されたプロセスを導き出す数学を使用します。現実世界の問題のシミュレーションが検証され、従来のトライアル&エラーのアプローチはプロセス改善に取って代わります。これらの仮想ソリューションは自動車産業から銀行など様々な産業で要求され利用されています。彼らは25,000人以上の社員数を誇り、大部分は70ヶ所以上の施設や研究所にいる科学者やエンジニア達です。彼らの顧客は中小企業からDaimler AGの様な大企業にまたがり、彼ら組織のサービスを製品の革新や最適化に利用しています。

OpenLMの初購入

OpenLMは、彼らの特化したソフトウェアに関して会社の管理を向上する目的で、2~3年前に購入されました。 20以上のベンダーソフトがあり、30以上のライセンスサーバーがあり、約150人のユーザーがいました。OpenLMをインストールする前は、ログファイルからデータを抽出してスプレッドシートで操作しており、仕事は手動で時間の浪費がありました。彼らの内部顧客は、実現しなければならない特定の要求をしました。


● 特定のソフトウェアのフィーチャーが使用されていたかどうか、そしてどの程度
● 定義された期間での平均やピーク使用状況
● デナイアル(拒否)のユーザー数や原因
● 原価中心の財務管理者は、年間の使用状況の詳細や、原価に要求される最高値と底値が欲しい
● エンドユーザーは、各ベンダー提供のライセンス管理ツールでそれぞれ検索するよりも、
インストールされたライセンスソフトウェアを1回で見られる単一のビューが欲しい

 

OpenLMは全ての要求を叶え、単一のライセンスマネジャーを使用して主なソフトウェアアプリケーションを監視し制御することを可能にしました。現在、200人のエンドユーザーがおり、年ごとに組織は10%ずつ成長しています。Secoptena社の現地サポートにて簡単にインストールが1日で終わり、2~3回のリモートアシストでフォローしました。彼らは追加機能で次の物も手に入れました。


● OpenLM 高度アラートシステム
● OpenLM ロールベースのセキュリティ
● OpenLM 外部データベースサポート
● OpenLM LDAP グループ同期
● OpenLM グループ請求
原価集中の費用負担に関する仕事を単純化し自動化しました。

 

NvidiaライセンスをOpenLMへ統合

Nvidia社は彼らのGPUの使用状況を管理するライセンスマネジャーを提供します。殆どのベンダーライセンス管理ソフトの様に、ベンダーの視点に沿った監視のみに設計されており、ライセンス管理者がライセンス使用状況を管理制御するのに必要な詳細を提供していません。Nvidia社のラインセンスマネジャーを使用すると、調べる時に毎回ログインをしなければなりません。会社の殆どの他のソフトウェア製品はOpenLMという1つのライセンス管理ツールで管理されているのにも関わらずにです。

Nvidiaライセンスプールを管理するためにマニュアル手順に戻るよりはむしろ、このような単一インターフェイスで必要な全てのライセンス管理をする能力を持つOpenLMにNvidiaライセンス管理を統合するように依頼しました。適合と最適化は、OpenLMを通して既に管理されていた特化ソフトウェア用と同じフォーマットで自動化され実行されました。

彼らが2017年マンハイムで行われた年次ユーザーミーティングに出席した時、OpenLMのCEOであるOren Gabayがユーザーグループにウイッシュリストに入れたいリクエストはないか聞いた時に、チャンスは訪れました。出席者は「Nvidia GRID ライセンス」に言及し、2~3週間後には、電話とウェブでの会合に招待され、要件の詳細を議論しました。その後すぐに、試作品が渡され、現地でのテストに成功しました。

「手動でNvidiaライセンスの使用状況を追跡するのは選択肢には無かった」

これは比較的簡単なプロセスでした。新しい強化内容はGPUへの理解を示し、 GPUの購入が更に必要かどうかの判断を助けます。現在、Nvidiaサーバーは最大限には使用されていませんが、ハードウェアのアップグレードが近い将来に行われ、色々な顧客に展開されれば、必然と変わるでしょう。

弊社顧客が将来的に欲しい2~3の追加機能があります。GPUは時々2~3時間や1日かそれ以上の期間、バックグランドで処理を行うので、進捗をアップロードしたり確認したり、ジョブを調整し再開する事をユーザーに許可する機能が要求されました。また特定のライセンスへの変更を追跡する事や、ロールバックする能力なども要求されました。最後に、シナリオをシミュレートしテストする能力は、デナイアルを減らすのに新しいライセンスが必要かどうかの判断を助けるでしょう。

弊社顧客は新機能に満足し、GPUを利用しVDI環境に移ったどの顧客も、OpenLMを通してNvidiaライセンスを監視管理できる事を知って嬉しく思うことでしょう。

お役に立ちましたか? 詳細についてはお問い合わせください。

OpenLMの完全無制限の評価版をダウンロードし、30日間お試しください。 この期間中は、あらゆる制限がなく完全にサポートされます。