Israel +972 4 6308447         USA +1 619 831 0029             JAPAN +81 (0)50 5893 6263

老舗トップ企業 West Coast
Transportation

270 のユーザーが15の別々の現場に配置
3:1 ユーザーとライセンスの比率

 

“IT担当者䛿、何が起こっているかについての可視性がなく、つまり、現在使用されているライセンス数と誰が使用しているかを知ることができませんでした(知りませんでした。).”

モビリティ䛿スマートシティ䛾大きな課題䛾ひとつです。

自転車䛾ようなエネルギー効率のよい移動手段、、自律型車両䛾準備、あるいは交通の流れや駐車の改善など、歩行者の歩行の可能性を確保しているかどうかにかかわらず、改善など、歩行者䛾歩行䛾可能性を確保しているかどうかにかかわらず、市当局は市民が自由に移動できることに取り組んでいます。 

当社䛾こ䛾顧客䛿、ロスアンジェルスの拠点において30年以上にわたる輸送管理の専門知識を有しており、データサイエンスと大規模データに裏 打ちされたソリューションをエンジニアリングするために米 国全土のコミュニティや都市をサポートしています。 状況を全体的に把握し、顧 客に適したワンサイズのモデルを拒 否することで、彼らはマルチモーダルモデリングの分野で高い評価を得ています。

 

OpenLMの当初の導入

地理空間およびCADソフトウェアツールは、交通機関設計ツールキットの不可欠な要素です。 当社はシステム管理者に組織でのライセンスの管理方法について話しをしました。 彼は、約4年前にOpenLMにどのように投資したかについて話し合いました。30日の評価と、経営陣に提示する説得力がある事例を完了するために必要となる評価期間の延長が続きました。同社は決定を下す前にいくつかのOpenLMの競合他社製品を評価しました。OpenLMは、ソフトウェアポートフォリオを管 理するために必 要なすべての機能を備えていたことを理由に選ばれました。決定を助けたもう一つの要因は、競争力䛾ある価格設定でした。現在、インストールされている
OpenLMのバージョンが要件を満たしています。 同社の代表者は、アップグレードする必 要があることを認めており、近いうちに新しいリリースで利用可能な追加機能の恩恵を受けることを希望しています。

“OpenLMは驚くべき膨大な時間を節約します。”

システム管理者は、同社では主にプロジェクトマネージャーとCAD設 計 者であり、約270人のエンジニアリングソフトウェアユーザーがいると語っています。 これらのユーザーは、主にカリフォルニアにいますが、それはハワイを含む他の州を含む同社の17の米国のサイトの中で15に配置されています。 最も頻繁に使用されるソフトウェアツールは、空間作業用のArcGISと、ドイツの交通および物流ソフトウェアを専門とする企業によるPTV、および設計用のAutoCADです。 ライセンスとユーザーの比率は約3:1であり、最も重要な製品のライセンス数は100を超えません。 ソフトウェアライセンスのほとんどはソフトウェアのライセンスマネージャーFLEXlmによって管理されますが、PTVはWibuのCodemeterを使 用 してライセンスを管理します。

ライセンス管理ツールが必要だった理由

この企業は、利用しているベンダーから提供されたライセンスマネージャーを使用していたとしても、ライセンスの状態および使用状況の見通しが良くありませんでした。 これはユーザー間の欲求不満を招き、コスト管理のために上級の管理者から質問がなされ、それに対してIT部門が回答を出すために多くの困難な作業が生じていました。

  • ユーザーは、デナイアルを取 得 しており、ライセンスがいつ利用可能になるか分からないため、ライセンスの可用性についてITに連絡します。
  • 管理者が、定期的にライセンス管理の効率を調べる場合、完全かつ正確な回答を得るために、データ収集に多くの時間と労力を費やす必要がありました。.
  • ベンダーが提供する製品がライセンスの可視 性を提 供していなかったため、プール内のライセンス数と実際に使用していたライセンス数を特定できませんでした。
  • 各ベンダーのライセンスを個別に管理する必要がありました。 ライセンスに関して一般的に何が起こっていたのかを把握することができませんでした。 これには、どのライセンスマネージャーにどのソフトウェアが付属 し、どのように動作したかを記憶しておく必要がありました。

このようなチャレンジでは、より良いソリューションが必要であり、マーケットでは適切な製品が検索されていました。そのうちのひとつがOpenLMでした。テストと評価の結果、OpenLMがこの組織の選択肢となりました。

OpenLMの実装

エンジニアは本質的に、意図を調査し、問題解決や試作に従事したいと考えています。 この論理はエンジニアリング企業にも当てはまるようです。OpenLMには包括的なマニュアルとトレーニングビデオがありますが、同社のIT部門は実装して製品を評価したいと考えました。IT部門はライブテストを行い、さまざまなパッケージ化された機能を試してみました。これらの機能は、評価中にすでにお馴染みのものでした。IT部門が問題で立ち往生した時に、カリフォルニア 州 にあるOpenLMのサポートチームのサービスを利用しました。 OpenLMのサポートチームは、OpenLMのインストールと設定を少し助けましたが、同社のIT部門はほとんどのインストールを自分で行うことができました。

OpenLMはどのようにこの企業に利益をもたらしましたか?

OpenLMを導入する前の可視性の欠如は、ほとんどのライセンスに関連する問題の根本的な原因でした。 OpenLMをインストールすると、作業を行っているユーザーからITの管理職まで、幅広く柔軟なリポートの作成がより簡単になりました。ArcGISとAutoCADの使用状況に関する有意義で正確なリポートの最新版を入手できるようになりました。

システム管理者は、不十分なリポートのために以前に行われたすべての手動作業の時間をを除外すると、膨大な時間が節約されたことを強調しました。 未使用のライセンスを特定し、ライセンスポートフォリオを最適化することは容易であったため、コストの削減もありました。

このインタビューを弊社に提供くれたシステム管理者に感謝し、このエンジニアリング専門企業社においてOpenLMがどのようにその役割を果たすかについていくつかの洞察があります。

お役に立ちましたか? 詳細についてはお問い合わせください。

ダウンロード

PDF

OpenLMの完全無制限の評価版をダウンロードし、30日間お試しください。 この期間中は、 この期間中は、あらゆる制限がなく完全にサポートされます。