Israel +972 4 6308447         USA +1 619 831 0029             JAPAN +81 (0)50 5893 6263

OpenLM拡張機能

OpenLM拡張機能はエンジニアリングソフトウェアのライセンス管理のために強化された機能を追加するオプションのソフトウェアモジュールです。 必要に応じてすべてのOpenLMユーザーさまご利用、およびご購入いただけます。

OPENLM

アクティブエージェント
(Active Agent)

アイドルのユーザーに介入し、ユーザーの作業を保存した後にセッションを閉じるか画面を一時中断します。両方のケースでも、ライセンスは解放されプールに戻されます。ユーザーはライセンスが再び利用可能になった時のみ継続することが出来ます。                                   詳細

OPENLM

役割と権限
(Role&Permission)

様々な管理者にOpenLMの機能を割り当てましょう。様々なOpenLMの機能に管理者のロール(役割)を最初に定義します。そして必要ならば適切な管理者にロール(役割)を付与します。                                                                         詳細

OPENLM

ディレクトリ同期
(Directory Synch)

Windowsのアクティブディレクトリからユーザーの詳細(ホストやユーザー名、OUやグループ)をインポートしましょう。定義した周期に従って同期されます(他に特別することはありません)。複数の共同体のアクティブディレクトリを取り込みましょう。詳細

OPENLM

外部データベースサポート
(External Database)

標準でビルトインされたOpenLMのデータベースの代わりに独自の外部データベースをご利用ください。                                                                                                                                詳細

OPENLM

リポーティングハブ
(Reporting Hub)

高度なクエリ機能、拡張されたデータモデリング、ビジネスインテリジェンス(BI)を強化する驚異的なリポートに加えて、頑丈なデータモデルの構築化を可能にするリポート作成機能を提供します。

詳細

Alerts
OPENLM

アラート機能
(Alerts)

アラートを定義してライセンス管理者に通知を送りましょう。ライセンスの期限切れに先立ち、またはライセンス使用量90%など、ある条件が満たされた場合に通知を受け取ることができます。                                                               詳細

OPENLM

グループ使用情報
(Group Usage)

グループ選択の使用情報リポートが作成できます。グループはOpenLMで独自に定義でき、またはインポート(同期)されたアクティブディレクトリのOUやワークグループを利用することも出来ます。                                                                                                                                                                                詳細

OPENLM

使用情報
(Actual Usage)

特定のセッションで特定のユーザーによってライセンスがどのくらいの時間消費されたかリポートします。パラメーターはユーザーのアイドル時間、CPU、データIOを含みます。ユーザーの手にある時にライセンスがどのくらいアイドルだったかリポートします。                                                 詳細

OPENLM

プロジェクト使用情報
(Project Usage)

プロジェクト選択で使用情報をリポートできます。プロジェクトはOpenLMで定義され、エンジニアリングソフトウェアのユーザーにライセンスをプルする時に、適切なプロジェクトを選択するように強要します。                                                                                                                  詳細

OPENLM

カスタムコマンド
(Custom Commands)

カスタムコマンドでOpenLMの実行をパーソナライズする機能を作成できます。使用ステータスを変更する時に起こる、ライセンスや許可のために特化した状況を管理するために、スクリプトの実行が可能な非常にフレキシブルなツールです。
詳細

OPENLM

非管理プロセス
(Unmanaged Process)

OpenLMは様々なライセンスマネジャータイプ、Flexera FlexLM、 DSLSやSentinel RMSなどの管理や監視をサポートします。  バージョン2.0以降、OpenLMは非管理ソフトウェアのアプリケーションを監視する機能も追加しました。   詳細

何が必要か お分かりですか?

ご連絡とご説明をさせていただけますか

*印欄の入力は必須 入力後に下のボタンをクリック

OpenLMの完全無制限の評価版をダウンロードし、30日間お試しください。 ご購入などを条件にしておらず、この期間中は設定や運用などが完全にサポートされます。

OpenLM のウェビナーとワークショップ

ウェビナーにご参加いただき、皆さまの組織でライセンスの付帯するソフトウェア製品の使用状況をどのように監視するかご覧ください。