Israel +972 4 6308447         USA +1 619 831 0029             JAPAN +81 (0)50 5893 6263

OpenLMのLDAP同期拡張機能

OpenLMディレクトリ同期拡張機能を使用すると、組織はOpenLMデータベースをディレクトリサービスと同期できます。 現在、これはLDAPプロトコルに従うディレクトリ(Active Directory、ApacheDS、eDirectoryなど)で可能です。

 

 

同期には複数の利点があります:

 

管理のメリット:

  • ライセンス使用許可の実施
  • 使用量のチャージバック機能の実装(使用量請求機能)
  • グループ、部署ごとの使用傾向の分析

 

管理者にとってのメリット:

  • ライセンスルールと制限の自動化(OpenLM License Allocation Managerを介して)
  • LDAPユーザーおよびグループのデータに従って、ライセンス使用状況レポートを合理化します。

 

エンドユーザーにとってのメリット:

  • OpenLM Agentを介して特定のユーザー情報を表示し、必要なライセンスを保持しているユーザーを見つけるのに役立ちます
  • Windows認証を介したOpenLMのEasyAdminへの認証。 このオプションの詳細については、次のリンクをご覧ください。:ユーザーインターフェースWindows認証

 

詳細:

前提条件およびシステム要件

 

ディレクトリ同期拡張機能では、ディレクトリ同期Agent(DSA)OpenLM Serverがライセンスサーバーマシン(OpenLM Server)にインストールされている必要があります。これらのコンポ―ネントをこちらでダウンロードしてください。

システム要件をこちらでご確認ください。

拡張機能のリクエスト

 

下に答えを入力して送信してください。7+ 3は?

OpenLMの拡張機能を試してみる