Israel +972 4 6308447         USA +1 619 831 0029             JAPAN +81 (0)50 5893 6263

ライセンスの可用性

弊社のソフトウェアはエンジニアリングソフトウェアのラインセンスをすべて追跡するために必要な能力やリポート機能があります。ソフトウェアのインベントリを最適化し、高価なソフトウェアライセンスを限界まで活用することを支援します。
ライブストリーミングのライセンス使用データ
過去データの統計的リポート
一元管理されたライセンスシステム
OpenLM 拡張機能の選択的に追加して使用
グループごとやプロジェクトごとにチャージバックを集計
ライセンスの利用率の予測

数々の機能

ライセンスマネージャーサポート

  • ネットワーク (フローティング)、 ノードロック、 GPU (Nvidia)、 クラウド、およびトークン (Autodesk token-flexを含む) そして混在するさまざまであらゆる ライセンスモデルの取り扱い
  • Flexera、 DSLS、 Reprise、およびSentinel RMSを含む数々の広範なライセンスマネージャー  とともに稼働
  • これはSentinel、 Flexera および Wibuからのすべての主なハードウェアライセンスを含む
  • 現在、広く使用されているクラウドライセンスのOffice 365、 Adobe クラウド、 Autodesk クラウド および ESRI オンラインをサポート
  • ほとんどライセンスマネージャー用に1秒単位の精度 の使用データ
  • 複数のタイムゾーンに存在するWAN および LAN ネットワークをサポート

コンプライアンス

  • ベンダーの判断ではなく、利用者の視点から求められたリポートに基づいて、ライセンスとトークンの使用状況の正確かつ客観的な履歴を維持
  • ベンダーのライセンス管理ソフトウェアが実際の使用状況と同期していないことを証明
  • クラウド環境でのライセンスコンプライアンスの新しい課題に対応
  • OpenLM は  GDPRに準拠しており、BDSGを順守

最適化と生産性

  • 独自のソフトウェアポリシーとビジネスルールに従って実行される自動ライセンス回収 エンジニアリングアプリケーションのライセンスの回収を参照
  • エンドユーザー向けのライセンスの可用性の通知
  • エンドユーザーの実際の使用状況データ(actual usage data)を収集(オプショナル)

ライセンス エンタイトルメントと割り当て

  • ディレクトリグループに基づくアクセスの自動および動的な割り当て/取り消し
  • ActiveXが付帯するユーザー & グループのディレクトリ (LDAP) 同期
  • 役職に基づくOpenLMのインターフェイスへのアクセスパーミッション
  • BYODやBYOSなどの使用ポリシーの積極的な実施

監視 & リポート

    • 利用中のすべてのライセンスを弊社製品の使いやすいグラフィックインターフェイスで直接監視し、管理
    • 複数のタイムゾーンにある複数のライセンスサーバーを同時に監視
    • オンライン、およびオフラインのライセンス、ソフトウエアあるいはハードウェアベース、そしてクラウドなどネットワークで混在する様々なライセンスを監視し、管理
    • ライセンスのあるすべてのソフトウェアの単一で共通リポートフォーマット。アクティビティ、使用状況、正確な「真のデナイアル」をカバーし、ヒートマップや円グラフなどのオプションを装備
    • チャージバックコストセンター – グループやプロジェクト毎の課金
    • トークンやその他の遅延ベースのモデル用の毎秒および翌日までのタイムリーなリポート

 

費用と課金

  • 正確なリポートとピーク時の使用情報に基づき必要なライセンスのみを購入
  • 使われないソフトウェアを特定し排除
  • 使用しないフィーチャーにかかる費用を回避
  • 使用量に基づいた正確な課金により、プロジェクトおよび部署へのチャージバックが可能
  • 次の更新に必要なライセンスの正確な展望を取得
  • ライセンスをオンプレミスで維持するか、クラウドに移行するかのコストと利点を特定
  • OpenLMのインストールおよび設定時に発生する追加費用はなく、コンサルタントやプログラミングは不要

アーキテクチャとインフラストラクチャ

  • 追加のサポートなしで簡単なセットアップと設定を行うことができますが、必要な場合はサポートがいつでも利用可能
  • OpenLMは、Unix、Linux、MacOS、およびWindowsオペレーティングシステム上で稼働しているライセンスマネージャーと互換性があり
  • すべての主要なブラウザと互換性のあるブラウザユーザーインターフェイス
  • すべての主要なプライバシー規制(ドイツのプライバシー法およびGDPR)に準拠
  • OpenLMには独自の組み込みデータベースが付属していますが、利用者が選択する外部データベースもサポート
  • OpenLMには高度なアラートシステムが組み込まれているため、エンジニアが問題に気付く前にそれらを検出して処理が可能
  • OpenLMは自動ライセンスサーバーリカバリーをサポート
  • OpenLM APIを使用すると、独自のGUIを構築したり、OpenLMの情報を他のアプリケーションに統合したりすることが可能
  • クエリとリポートのために独自のシステムでOpenLMのデータを使用

 

 

さまざまなメリット

OpenLMがライセンス管理における日々の課題を解決するためにどのように役立つかをご覧ください。

何があるか知る事:ラインセンス インベントリ

ソフトウェアの使用時間をプロジェクトや事業単位で請求

現在使用されてないライセンスを処分することで経費削減

高価なライセンスの維持や調達を計画

マネージメントに報告し決断を仰ぐ正確なソフトウェア使用情報

何があるか知る事: ラインセンス インベントリ

もはや使用されてないライセンスを処分することで経費削減

ソフトウェアの使用時間をプロジェクトや事業単位で請求

マネージメントに報告し決断を仰ぐ正確なソフトウェア使用情報

高価なライセンスの維持や調達を計画

高価なライセンスの維持や調達を計画

もはや使用されてないライセンスを処分することで経費削減

何があるか知る事: ラインセンス インベントリ

マネージメントに報告し決断を仰ぐ正確なソフトウェア使用情報

ソフトウェアの使用時間をプロジェクトや事業単位で請求

何があるか知る事: ラインセンス インベントリ

ソフトウェアの使用時間をプロジェクトや事業単位で請求

もはや使用されてないライセンスを処分することで経費削減

高価なライセンスの維持や調達を計画

マネージメントに報告し決断を仰ぐ正確なソフトウェア使用情報

高価なライセンスの維持や調達を計画

もはや使用されてないライセンスを処分することで経費削減

何があるか知る事: ラインセンス インベントリ

マネージメントに報告し決断を仰ぐ正確なソフトウェア使用情報

ソフトウェアの使用時間をプロジェクトや事業単位で請求

OpenLMの完全無制限の評価版をダウンロードし、30日間お試しください。 ご購入などを条件にしておらず、この期間中は設定や運用などが完全にサポートされます。

拡張機能

エンタープライズおよびサイトライセンスパッケージ向けのみ追加可能

OpenLMの拡張機能は、OpenLM製品に拡張機能を追加するオプションのソフトウェアモジュールです。

Active Agent
DIRECTORY SYNCHRONISATION
RePORTING HUB
GROUP USAGE
PROJECT USAGE
CUSTOM COMMANDS
ROLES AND PERMISSIONS
EXTERNAL DB SUPPORT
ALERTS
ACTUAL USAGE
UNMANAGED PROCESSES

インストール手順

その他の製品

OPENLM

Applications Manager

有効なライセンス方式に関係なく、組織内のソフトウェアの使用を監視および制御するための弊社のアプリケーション                                 詳詳細を見る

OPENLM

License Allocation Manager

単一のユーザー、ユーザーのグループ、または複数のユーザーのグループに対するライセンス割り当ての管理専用のソフトウェア品              詳細を見る

OPENLM

Software License
Management Cloud

この度、旧名OpenLM Cloudが刷新され生まれ変わりました。
「Software License Management Cloud」(ソフトウェア・
ライセンスマネジメント・クラウド) としてリリースされました。

詳細を見る

OpenLMは米国政府共通役務庁 (GSA)に承認されたサプライヤーです

導入事例

OpenLMが提供するソリューションにより、世界中の1000社あまりの企業がすでにコストを削減