Israel +972 4 6308447         USA +1 619 831 0029             JAPAN +81 (0)50 5893 6263

貴社のIT資産管理を保守、管理します。

ご利用中のクラウドサービスの損失などはありません。社内のデジタルワークスペースから自動的に古いアカウントを排除します。

なぜそこまで重要なのでしょうか?

労働力の流動性と、クラウドサービスの使用率は企業様にとって年々変動が激しくなっております。 特に、企業のIT部門にとってこの変動は大変な作業で非効率を招き、生産性が著しく低下させてしまう原因となります。近年、利用されているSaaSサービスは数十から数百種類といわれており、ユーザーデータに関しては複数のデバイスからSaaSサービスにアクセスしているのが現状です。各企業のIT部門にとって、従業員の入社、退職等の流動性が生じる際の機密データ保持の安全性が重要な焦点となる場合があります。近年、企業内における日々のワークフローでは、SaaSサービス、IaaSサービスプラットフォームを使用されています。例えば、Gmail等のそれに付随するサービス、クラウドベースでのアプリケーション、ネットワーク機器でのクラウド環境とサーバー環境、エンドユーザー側ではWindows環境、MacOS環境、Linux環境などの多岐にわたる複数のOS環境でご利用されている可能性があります。こういった複雑な環境下で、貴社のIT部門は既に過剰な負荷がかかっているかもしれません。安全なオフボーディングに対して、OSシステム、SaaSアプリケーション、クラウド環境とサーバー環境でのネットワーク機器環境などを踏まえて、新しいアプローチが必要となってきているのかもしれません。

主な利点

セキュリティリスク上のハザードを排除 

組織内の全従業員が利用されているクラウドサービス、(例えばGoogle アナリティクス、Azure AD、Gitlab、Salesforce、Frontegg、Cloudflare、Jira 等)のプライマリディレクトリから中央ハブシステムに接続する事ができるシステムとなっています。また、利用されているSaaS, IaaS, PaaSサービスの変更点を反映する事が可能になります。また、古いアカウントを削除する事が可能です。

 一つのディレクトリを管理するだけ。

社内で管理されるディレクトリは自動的に単一化され、一つのものとなります。社内のプライマリディレクトリで変更が行われた際、このOneDirectorySync(ワン・ディレクトリー・シンク)にサポートされているすべてのディレクトリに変更された内容を自動的に反映される事が可能になります。

中央ハブシステム

単純にサービスとしてだけのシンクだけではありません。 貴社でご利用されているプライマリディレクトリ(例えばGoogle アナリティクス、Azure AD、Gitlab、Salesforce、Frontegg、Cloudflare、Jira 等)の全てを外部のサービスに接続する事が可能となります。

従業員のオフボーディングの際の手順を安全にし、かつ簡素化

OneDirectorySync は、デジタル ワークスペースのすべてのリソースをプライマリ ディレクトリに接続する中央ハブとして機能することで、ユーザーのオフボーディングを簡素化します。 ユーザーがプライマリ ディレクトリ (Active Directory、Apache DS、Google Workspace など) から削除された場合、OneDirectorySync はすべての企業アプリケーション、ネットワーク アプライアンス、ルーター、VPN からアカウントを自動的に削除します。

従業員の退職の意思表明を受け取ってから、退職が完了するまでの一連の段階において、安全かつ瞬時にそのプロセスを自動化することができます。 近年、多くの企業で元従業員のアカウントを閉鎖しないことで、その社内のネットワークを安全かつ適切に保守する事が難しいケースが珍しくありません。もし、見過ごしてしまった古いアカウントを削除できなかった際に、外部からのサイバーアタックなどのセキュリティの脅威が生じることなどが考えられます。こういった事前の予想を踏まえてOneDrictorSync で、古いアカウントをメインディレクトリーから安全に削除し、プライマリディレクトリからセキュリティー上の危険を排除させ、退職されたすべての方の情報をクリーンアップさせる事が可能になります。

社内でセキュリティー対策を自主的に保守強化

全ての企業にとって、万能という事では決してありません。OnDirectrySyncをご利用いただくと、セキュリティー対策として以下の2点のメソッドで企業に安全を確保します。

  • Pアカウントの自動削除もしくは、アカウントの無効化
  • Pお知らせ機能で通知を受け取る事が可能です。この場合、社内で全てを自動的に削除させたくない場合にご利用いただけます。 また、同時にシステム管理者へ通知機能で、このユーザー様が貴社を退職されたという情報を通知してアカウントの無効化が必須という内容のお知らせ通知をします。

「弊社が大変困難だった移行期に、OpenLMのソリューションで、ソフトウェア資産管理コストの削除に成功いたしました。」

某企業
ITマネージャー
Robert Welsford氏

柔軟性 多種多様の複雑な構成に対応しています。

OneDirectorySyncは、多種多様の複雑化したアーキテクチャに適しており、堅牢でスケーラビリティに特化しています。例えば、主要なディレクトリは東京本社にあり、中国、台湾、ヨーロッパなどに拠点地がある場合、OneDirectorySyncがあれば、すべての企業リソースを一元化させ時と場所に関係なく貴社のハブに安全にアクセスする事が可能となります。また、貴社の開発時間を節約し、労力、コスト削減を支援させていただきます。
社内のすべてのディレクトリとクラウドアプリケーションを一つのクラウド上のセントラルハブに集中して接続させるという手法は、社内の利用可能なリソースを変更させる事なく、貴社のユーザー管理をスケールアップさせる事が可能となります。同時に、開発労力などのコスト削減を支援します。

デモの要請

取引企業

その他の商品

OPENLM
Applications Manager

如何なるライセンススキームなどに関係なく、貴社内のソフトウェア資産管理、監視を制御します。

詳細

OPENLM
License Allocation Manager

シングルユーザー、グループでご利用のユーザー、または、複数のグループに所属するユーザーなどにソフトウェアライセンスの割り当てを可能にできる管理システム専用のソフトウェア
詳細

OPENLM
ライセンスパーサー

暗号のようなライセンスファイルやログファイルを人が読解できるレポートに変換するサービスです。

詳細

OPENLM
ソフトウェア・ライセンス・マネージメントクラウド
この度、旧名OpenLM Cloudが刷新され生まれ変わりました。 「Software License Management Cloud」(ソフトウェア・ライセンスマネジメント・クラウド) としてリリースされました。
詳細