Israel +972 4 6308447         USA +1 619 831 0029             JAPAN +81 (0)50 5893 6263

バーチャル・ライセンス
マネージャー

ソフトウェア資産管理の統合された仮想化ビュー を作り出します。
待望された正真正銘のライセンスマネージャーの仮想化 

社内の部署ごとへのソフトウェアライセンスの管理を割り当てて、リアルタイムで改善する事が可能になります。
また、その際にライセンスマネージャー間でのライセンスの割り当てを一切上書きしません。

バーチャルライセンスマネージャーとは?

OpenLMのバーチャル・ライセンスマネ―ジャーは、ご利用中の既存のライセンスマネージャーの上層部に仮想レイヤーを作成して、社内の様々な部門間へライセンスをセキュリティーや制約など一切犠牲する事なく一括で割り当てる事が可能になります。 また、社内でご利用されている全てのソフトウェア機能から、ある特定の部門にある特定の機能をセントラライズして付与させる事も可能になります。 また、新規のユーザーに対しても自動的にライセンスを割り当てる事が可能です。

バーチャル・ライセンスマネージャー(VLM) – 課題点と解決策

課題点

  • 例えば現在コストの観点から100のフィーチャーを備えた単一のライセンスマネージャーがあるとします。
  • 仮に管理部門では、5つの部署に機能を割り当てたいと望んだとします。(部署ごとに20ライセンス)
  • 部門で互いの設定を上書し、それぞれの設定に齟齬を生じる可能性があります。

解決策

各部署に問題なくライセンス数のセットを専用配分することを希望します。

図解、バーチャルライセンスマネージャー(VLM)

VLMでの主な利点

  • 各部署がそれぞれの資産管理運用を自ら管制する事が可能になります。各部署がソフトウェア資産管理運用を行う際の方法はこちらのブログ*から詳細をご覧いただけます。
  • 複数のライセンスプールを一つの仮想ライセンスプールとして置き換えて管理運用が可能になります。 また、一つのライセンスプールから分離して管理することもできます。
  • ユーザーのライセンス使用状況から計測して、実際のライセンス稼働状況とアイドル時間を把握してリアルタイムのライセンス割り当てを管理できます。
  • IT管理を改善する為の手段としてフィジカル・インプレメンテーションを覆うことが可能になります。
  • 業務効率を改善する目的で、システム管理者が手動で割り当てる時間を省き、時間短縮化させる事が可能になります。
  • 現在所有されるライセンスの最適化を行う事で、同数のライセンスで様々な部署間のライセンスの可用性を高める事が可能になります。 また、IT資産コスト増加を未然に防ぐ事が可能になります。
  • グローバルもしくは、各支社間のユーザー、部署間、チーム間の生産性の向上が見込めます。
  • ライセンス管理を行っている各部署のユーザーに諸々な権限を付与することが可能となります。
  • ライセンス管理の可視化を高めつつメインシステムのセキュリティリスクを損なうことはありません。
  • 中央管理部門がライセンス管理を厳重にすることで、社内の日々日常の経営管理を完全にコントロールする事が可能になります。
  • 決定権を持つ管理者以外の方には、実際のライセンス管理マネージャーの設定にログインの制限を付加する事も可能になります。
  • 貴社のIT管理部門様の負担を軽減し、ライセンスの割り当てをそれぞれのチームリーダーに委ねる事も可能になります。
  • ライセンスプール上のそれぞれのライセンスポートフォリオを、各部署のニーズに合わせて分割させ、ロールベースでのアクセス権で各管理者様に仮想化プールとして権限別に割与る事も可能になります。
    •  チーム別のリーダーが各チームメンバーにライセンス付与したり、チームの拡大に伴い新規ユーザーにライセンス付与を行うなど容易に行う事が可能になります。
    • バーチャルライセンスマネージャー(VLM)のロールベースのアクセス制御システム機能は、これまで以上にライセンス管理領域を拡張させる事が可能になります。

ビジネス モデルはライセンス環境と互換性がありますか?

貴社にとって複雑化したライセンス環境の管理は課題であると思われます。 大抵の場合、IT管理部門を通じて1つ以上の実質的なライセンスマネージャーで管理する手段か、世界中もしくは、日本中の支店から複数におけるエンドユーザーを管理する方法しか手段がないと推測されます。

一元化されたライセンス割り当て

一元化されたライセンス環境の中で、ライセンスの割り当てを行う場合は、貴社IT管理部門に膨大な数のユーザーを管理するしか手段がありません。 また、グローバルで業務を展開している企業にとって、IT管理部門に対して相当なプレッシャーと負担がかかる為、管理不能に至る場合が多々あります。 ライセンスの割り当てを実施する場合、ライセンス管理者には大変な時間と労力を消費する事になり、コストも肥大化させてしまう可能性もあります。

分散型ライセンスの割り当て

分散型モデルの場合、IT管理部門は、部署、もしくはチームリーダーがそれぞれのユーザーへのアクセス権を付与します。 これにより、IT管理部門への負担が軽減され、ライセンスの割り当てに対するワークフローも改善します。 また、これにより、マルチユーザーシステムというスマートなライセンス管理方式も選択する事が可能になります。

バーチャルライセンスマネージャー(VLM)は、貴社に完璧な権限システムをご利用いただき、ライセンス管理割り当てのシステム方式をご提案します。

もし、貴社のソフトウェアポートフォリオを、一つのライセンス管理システムに統合し、細かく分割化される事ができるとしたら?

OpenLMバーチャルライセンスマネージャー(VLM)を貴社でご利用いただくと、部署事のリーダー、もしくは、チーム事のリーダーが、それぞれの各部署ごとのエンドユーザーに様々な機能の追加、管理、サポート機能の追加が可能になります。

OpenLMのバーチャルライセンスマネージャーには、既存の物理上でのライセンスマネージャーの上層部に仮想レイヤーを作成して、貴社内の様々な部門間へライセンスを一括で割り当てる事が可能となります。 これにより、貴社の契約代理店、部署、又は、チーム事に、貴社の基準に従ってライセンスポートフォリオをセグメント化する事が可能になります。

また、それぞれのリーダーからライセンス管理の役割を割り当てる事が可能になり、状況に応じてライセンスの割り当てを処理することが可能になります。

ライセンスの割り当てを完全管理化

 バーチャルライセンスマネージャー(VLM)をご利用いただくと、貴社のライセンス環境を安全かつ強固に管理しながら、分散管理を行う事が可能になります。また、それぞれの部署に管理者を割り当てる事が出来る為、エンドユーザーにライセンスを付与する事が可能になります。 

 

したがって、IT管理部門での業務時間を短縮させる事ができ、より貴社の生産性改善に向けたライセンス管理を行う事ができます。 また、この改善策により、貴社のライセンスコストが削減される事になり、IT資産管理運用コストがまた新しく計上され、より最適なライセンスパッケージの購入に繋がる事が可能になります。

貴社のIT運用資産管理と飛躍への、お手伝いをさせてください。

IT資産改善

  • Pライセンスコストの無駄を排除
  • Pライセンス管理の分散化
  • P生産性の向上
  • P先見性を備えたスマートなライセンス管理
  • Pソフトウェアライセンス経費削減

完全制御化

  • P堅実なロールベース設定と権限管理システム
  • P管理システムを分権化する為の堅固なシステムツール
  • Pコンプライアンス重視

実用性重視

  • P一つのインターフェースで全てのライセンスポートフォリオを管理
  • P機能的なセルフサービスシステム

取引企業

その他の製品

OPENLM
Applications Manager

如何なるライセンススキームなどに関係なく、貴社内のソフトウェア資産管理、監視を制御します。
詳細

OPENLM
License Allocation Manager

シングルユーザー、グループでご利用のユーザー、または、複数のグループに所属するユーザーなどにソフトウェアライセンスの割り当てを可能にできる管理システム専用のソフトウェア
詳細

OPENLM
ライセンスパーサー

暗号のようなライセンスファイルやログファイルを人が読解できるレポートに変換するサービスです。
詳細

OPENLM
ソフトウェア・ライセンス・マネージメントクラウド

この度、旧名OpenLM Cloudが刷新され生まれ変わりました。 
「Software License Management Cloud」(ソフトウェア・ライセンスマネジメント・クラウド) としてリリースされました。
詳細